性欲ない 筋トレ

「性欲ない」には筋トレが効く

「性欲ない」には筋トレが効く

筋トレ

 

性欲減退の原因とは??

 

20代までは性欲に困らせられる程度には性欲があったという人も、
30代以降なぜかそういった「性欲ない」現象に見舞われることがあります。

 

性欲は男性でも20代をピークに緩やかな曲線を描いて落ちていく傾向にあるようですが、急激に性欲を感じなくなると不安になるものです。

 

性欲ない現象にはいくつかの原因が考えられます。

 

寝不足や過剰なストレス、栄養不足や運動不足があります。

 

体や精神的不調が原因となって性欲が失われるような状態になることが多いようですが、
そうでない場合は不摂生などで性欲に繋がるテストステロンという成分が分泌されにくい状態になっていることがあります。

 

 

筋トレでテストステロンの分泌量UP!

 

ではなぜ性欲ない状態を筋トレで解消できるのかというと、性欲の大部分を司るものはテストステロンで、そのテストステロンは筋トレで大量に分泌するからです。

 

テストステロンは非常に分泌されやすいものなので、下半身を中心としたスクワットなどですぐに効果をえることができます。

 

しかし筋トレのやりすぎなどが逆にテストステロンの分泌量を落ち着かせてしまい、
その結果性欲も感じづらくなってしまいますので、1日30分程度の軽めの運動がよいとされています。

 

飲酒などもテストステロンの分泌を邪魔しやすいものですので、少量に抑えるとよいでしょう。

 

ホーム RSS購読 サイトマップ